それでは、実際にコードをつけて、響きを確認しましょう。
前の記事でも書いた通り、間違いという物はありません。

まず、始めの2小節は以下の2通りのどちらかになったかと思います。
●パターン1
kirakira_1_2_1

●パターン2
kirakira_1_2_2

この場合、どちらかというと、パターン2の方が自然に聞こえたかと思います。
前回お話しした通り、「G7」から「F」には進行しない方が良いので、行き先が「F」である場合、直前に「G7」とつけたとしても、「C」が使用できるのであれば、「C」を使用した方が、自然な感じになります。
このように、コード進行は、前後のバランスをみて、決定しなければいけません。

続きまして、2段目はどうでしょうか。
●パターン3
kirakira_2_1

●パターン4
kirakira_2_2

この場合は、どちらでも大丈夫な気がします。
ただ、使用するコードが2種類よりも、3種類の方が、彩りがあって良さそうではないでしょうか。
このように、コードはいろんな種類を使った方が面白くなります。

ただ、間違い、という物はないため、遠慮なくお好きなコードをつけて大丈夫です。

あくまで一般的には、ですが、以下のようなコードがつけられることが多いと思います。
kirakira_all_chords

次回は最終回、実際にピアノでどう演奏するか、を解説します。

坂下貞行