人によりますが、ピアニストはどちらかというとリズムが走りやすい(前に行きやすい)楽器です。

それがいいという場合もありますが、

基本的にはトレーニングをしてできるだけ前のめりにならない演奏を心がけなければいけません。

かくいうわたしも走りぐせがあるので、グルーヴを意識して弾くようにしています。

ポイントは、バンドやセッションなどのアンサンブルの場合は他の楽器(特にドラム)を意識してよく聞くこと。

そして、点ではなく線で捉えることが大事だそうです。

リズム感があんまりよくないかも、と思っている方はぜひわたしと一緒にグルーヴ研究していきましょう!