ピアノはダイナミクス(強弱の付け方、感情表現など)が非常につけやすい楽器です。
クラシックなどはもちろん、

ジャズやポップスなんかでもダイナミクスは重要になってきます。
その時にわたしが必ず生徒さんに伝えているのは、大袈裟にやること。

確かに、フォルテやピアノなどある程度大きさなどの加減は決まっていますが、細かい調整はあとにして、はじめは思いっきり強弱をつけてみるといいと思います。
そうすると曲中での音の大きさの幅が広がって、よりいい曲が弾けるようになります!

機械での演奏が可能な時代になりましたが、
人が演奏するからこそできる感情的な表現で誰かを感動させてみませんか?