あくまでもわたしの考えですが、見に来てくれているお客さんのために精一杯のライブをすることは大事なことだと思っています。
そこには

お金を払って来ていただいている方や、時間を割いて来ていただいている方がいるからです。

間違えたり自分自身が調子が悪くてあまり思い通りにいかないとかそういうことがあるのは仕方ないと思います。
また、人それぞれ好みも違うので、曲などの好き嫌いはあるので、誰しもが楽しめるというのにはもちろん限界があります。

ただ、なにか別の方法でお客さんを楽しませるなり、
間違えたり調子が悪くてもとにかく最後まで一生懸命やり遂げるなり。
そこはお金が発生している以上、いや、無料だとしても聞いてくれている人がいる以上、アマチュアでも関係ないと思っています。

もちろんわたしはプロとしてやっている以上、そこだけは絶対に曲げてはならないと思っています。
プロにはもちろんそれ以上の魅せ方とかが求められるので、
それは自分ももっともっと追求すべきところですが(^_^;)

ちょっと厳しい内容に見えますが、
自分は上手い下手とかレベルの話ではなく、心構えとして、人前で何かを披露する時に、聞いてくれる人のために、最後まで諦めずに精一杯演奏しようという気持ちを大事にしてほしいな、と思います。(^^)

by山口先生