最近知り合いから聞いた話ですが、練習は質と量、どっちが大事なのか。
その人の答えは

量でした。

短い時間で質のいい練習をする、となると、自分にとって苦手な部分をピックアップすればいいのですが、結局、量をこなさないと苦手な部分は直らないし、最終的には曲全体の練習もしないと苦手なところ以外も疎かになります。

とはいえ、仕事や勉強でなかなか時間は取れませんよね。
しっかり練習時間を確保して、その中で繰り返し苦手な部分を弾く。
ただし練習の最初と最後には必ず全体を通すこと、をわたしはおすすめしています。

限りある時間の中でいかに量をこなせるか、これが大事なんだと思います。